アレルギー反応のしくみ

アレルギー反応のしくみ

アレルギー反応のしくみ

アレルギー反応、と一口に言っても何がどの様に反応して諸症状が現れるのか、と言う事は意外と普段は気にしていない所ですね。もちろん生まれつきアレルギー体質である、と言う人は、色々な事に注意を払いながら生活をしているのだと思われますが、美容室で使用する薬剤に対するアレルギーと言うのは日常生活におけるアレルギーとは少し違う所もあるのではないでしょうか。そもそもアレルギーと言うのはアレルギー物質を取り込むパターンとして、「飲食によって体内に取り込まれる」もしくは「口の中の粘膜を通して侵入する」という場合、そして「呼吸をする事で吸い込んでしまう」と言うケース、そして「皮膚から侵入してしまう」と言うケースがあるようなんですね。このうち、飲食や口からの侵入というのは、美容室の現場ではあまりあり得ない、と考えられます。ですが残りの呼吸すること、皮膚に付着して侵入する、というケースは可能性が高いと言えるでしょう。特に皮膚に付着して、と言う点に関しては、大いにあり得ると思いますし、それと同時に業務上避けられない事でもある、といえるのではないでしょうか。一見呼吸をする事で吸い込んでしまう、と言う事もあり得ないように思われますが、多くの薬剤の成分は揮発性で、空気中にも広がってしまう事は多いんですね。症状が軽い美容師はマスクや手袋で対策をしているようですね。

 

自分はアレルギー体質か

 

美容師をになることを希望して美容専門学校に入学する若い人は少なくありません。少子高齢化の波で多少は学生の人数が減ってきているということはあるかもしれませんが、それでも若い世代の中で美容師を希望する人の割合は多いと思われます。ですがそんな人たちの中にも「美容師になりたくてもなれない」と言う人もいます。残念ながらそれは「アレルギー体質」の人たちです。実は美容室と言う所は、かなり多くの薬品を扱っている場所でもあります。言ってしまえばシャンプーだって薬剤の一種と言えるでしょう。そういった薬剤にアレルギー反応を起こしてしまう人は少なくありません。また別段アレルギーとは言わないまでも、常に水やお湯を使う職業なので、手が荒れやすい人にとってはかなり苦痛な職場となります。つまり体質的に美容師になることが合わない、と言う人がいるんですね。どんなに美容師になることを夢見ても、たとえ学生のうちはなんとか症状が軽くて済んだとしても、働き始めてからドクターストップがかかる人も少なくありません。そういった人にとっては早い段階で自分のアレルギー症状の現状を知ることが大切で、美容師になるかどうかという事の見極めは難しく辛い事ではありますが、何か良い方法を探るためには現状を知ることが大切だと言えるでしょう。


ホーム RSS購読