美容師同士の関係

美容師同士の関係

美容師同士の関係

では、お客さんたちが心配している通り美容師たちはお客さんの指名の先が変わってしまうと、人間関係が悪くなったりするものなのでしょうか。そもそもそうやって指名制度を設けている時点で美容師間に指名数の差が出てくるのは誰もが承知している事でしょう。ですがその指名によって指名料金による給料の上乗せなどがあるとしたら、どの美容師も指名を求めたくなるものでしょう。もちろん指名が入らない、という事にはなんらかの原因があり、お客さんが指名する美容師を変える、という事は自分にはないものが他の美容師にはある、という事になるのかもしれません。ですが本来それは人間関係を悪くする要因となってはならない事だ、とも思いますよね。実際には胸の内で悔しい思いをしていてもそれが表面には出さない美容師が多いようですね。ですがそこはスタッフ全員が正々堂々と仕事をしている、という環境下においての話だとは思います。たとえば他の美容師を指名しているお客さんに対して、あからさまに自分を指名してくれ、というアピールをする美容師だったり、故意に今の担当美容師が不利になるような事を言ったりやったりする、というようなケースは穏やかではないでしょう。ですが概ねお客さんが心配するほど美容師同士の関係が指名をめぐった悪化する、というような事は滅多に起きないようですし、本来お客さんがそういった事を気にする必要は全くありません。

 

美容室を変えたくない

 

担当美容師を変えたいけれども、それでもこの美容室が好きだから美容室は変えたくない、というケースもあるでしょう。そういう時に一番お客さんが悩むのは「別の美容師を指名してもこれまでの美容師が気を悪くしないだろうか」という事でしょう。ですがルール的にはお客さんは何も悪い事をしている訳ではありません。言ってみればお客さんが勝手に悩んでいるだけです。ですがお客さんがそう思うからには実際に指名を外したことによってお客さんに対して美容師が嫌な顔をしたり冷たい態度をしたりすることがあるのでしょうか。そもそも同じ美容室内で指名を外される事に対して美容師はどう思っているのでしょうか?そのことがもっと明らかになればお客さんの悩みも少しは和らぐのではないでしょうか。もちろんそれは美容師個人の気持ちのあり方や性格によるところもあると思いますし、その美容師が今置かれている美容室内のポジションやお客さんとの関係性にもよるとおもわれます。たとえばそもそもたくさんの指名を貰っている美容師で、そのお客さんが毎回オーダーする単価もそれほど高くない場合、美容師的には少し顧客の人数が減った方が他のお客さんによりよいサービスを提供できる、と考えている事もあります。そうなれば指名を変えられたから、といって嫌な顔をする事は無いと思われます。

 

おすすめサロン

2019年おすすめサロン[池袋]

池袋にある美容院

2019年おすすめサロン[辻堂@]

辻堂にある美容院

2019年おすすめサロン[辻堂A]

辻堂にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ