美容師は気をつかう

美容師は気をつかう

美容師は気をつかう

美容室で施術中にスマホを見ているお客さんの中には「もしかしたら今美容師に見られている?」と不安になることもあるかもしれません。それは決して気分の良いものではありませんが、美容師が全員「お客さんのスマホを見よう」と思っているはずはないですよね。おそらく美容師の多くは「画面を見ない様にしよう」「見られていると思われない様にしよう」とおもっているはずです。そしてそれはとても気を使う事だと思うのです。おそらく皆さんも交通機関と利用していたりカフェなどで近くの席に座った人に対して、もしもその人がスマホを見ていたならば「見ない様にしよう」と思う事でしょう。そしてそのように振る舞わなくてはならないのは結構苦痛だったりもします。見るつもりは無くても見えてしまう事もあります。そんな時に「見ている、と思われたらどうしようか」と不安になることもあるでしょう。おそらく美容師も同じでハサミでカットしているときは当然ながら髪の毛を見ていると思うのですが、鏡で確認しようと顔を上げた瞬間にスマホの方に視線が行く事もあると思われます。そしてそれをあえて避けようとするならば、とても神経を使ってしまうと想像できます。美容師にそんな気を遣わせていては施術に集中できないのではないか、と心配です。

 

見られないような配慮

 

お客さんの中には美容室の鏡の前で当たり前のようにスマホを見ている人もいます。それを見ないようにするのは美容師として当然だろう、と言わんばかりの態度の人もいるでしょう。ですがスマホを使うマナーとして、見えても仕方のないようなやり方でスマホを使用しているにもかかわらず「見ないでくれ」というのは無理な話でしょう。見られたくないのであれば、見えないように工夫をする配慮も必要でしょう。たとえばカバーやアプリで角度によっては画面が見えにくくなるようにする事もできます。そうしておけば見られる事はありませんし、美容師も疑われる事はありません。ですが美容師によっては「もしかして自分を疑ってこのような対策をしてきているのだろうか?」と深読みしてしまう人もいるかもしれませんね。スマホひとつでいろいろな憶測を呼んでしまったり、互いに気を使うような状況になるのであれば、鏡の前ではスマホを出さない、放置時間や待ち時間以外ではスマホを使わない、といった配慮も必要でしょう。もしも見られても良い画面であれば、その画面についての話題を美容師に振ってみれば、美容師も目に入ってきても気にしなくても良いので気分が楽かもしれません。美容師との話題が無い場合に利用するのも良いかもしれませんね。

 

新着サロン情報

 

ハイクオリティな仕上がりを今すぐご体験下さい!!

小岩にある美容院

安いだけじゃない!

行徳にある理容室

上手い&安い&早いを叶える実力派サロン

平井にある美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ