美容師になりたい

美容師になりたい

美容師になりたい

担当してくれている美容師に対して、憧れの気持ちを抱く事は良くあることでしょう。たとえば若いうちにとても素敵な美容師との出会いがあった場合には、それが「美容師になりたい」と思うきっかけとなることもあるでしょう。美容師の皆さんはとても素敵に見えるものです。仕事柄ファッションセンスも良いですし、ハサミを持って溌剌と腹たいている姿は素敵です。物腰も柔らかくお客さんに慕われている姿はとても良いものですよね。仕上がったヘアスタイルにお客さんが満足した時の笑顔をみたり、「ありがとう」と言われて嬉しそうにしている美容師の皆さんの姿を見ていると、こんな仕事がしてみたい、と思うようになる事もあるでしょう。そういった憧れの気持ちで美容師のみなさんを見ている若者も多いと思います。ですが理想と現実は違う、というのが美容師業界の常識となっています。お客さんに笑顔で接する事が出来るようになるまでには、美容師の皆さんはアシスタントというとても辛い時期を過ごすものだ、と言われています。人によっては数年間アシスタントとしてハサミを持たせてもらえない時期があり、て荒れや腰痛などと戦いながら働く時期があるようですね。その時期を乗り越えた人だけが、お客さんに憧れられる美容師になれるんですね。

 

恋愛対象

 

時には美容師とお客さんの関係は恋愛対象となり得る事もあります。特に多いのはお客さんの方が美容師の事を好きになってしまうパターンでしょう。それは仕方ないな、と思うぐらいに、美容師の皆さんは素敵ですし優しくしてくれるものです。たとえそれが営業の一つであると解っていたとしても、ときめいてしまう気持ちは解らなくも有りません。また施術中の距離がとても近い事が、胸をときめかせてしまう一因ともなります。お店側では美容師とお客さんの恋愛関係を認めていない所も多いものです。それは当然ながら恋愛関係になった場合には、上手くいっていたとしても上手くいかなくなったとしても色々と問題が生じるからでしょう。上手くいっている場合には美容師がそのお客さんを特別扱いするのではないか、といった懸念を持たれますし、分かれてしまった時にはおそらくそのお客さんはもう来店する事は無くなるでしょう。お店としてはそれはかなりの損失となります。そういった事が起こり得ることが解っているので、美容師の方は仕事としてやさしくは接するけれども勘違いされるような事はしない様に、と心がけているはずです。ですが逆に美容師の方がお客さんの事を好きになってしまうケースもありますよね。

 

今年のトレンドサロン

 

ご新規様もリピーター様もニッコリ

横須賀にある美容院

1人1人の「なりたい」を一緒につくっていきます

大塚にある美容室

まるで波の音が聞こえてくるような、海沿いのカフェをイメージ

八潮にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ