人として付き合える

人として付き合える

人として付き合える

生活していくうえで「担当者」という存在で自分と関わってくれる人というのは、そんなに多いものではありません。そんななかでも美容室における「担当美容師」の存在と言うのはとても自分に近い存在となり得ますよね。そもそも施術中の美容師との距離、というのはとても近いもので、他人であるにもかかわらずここまで自分と距離を近づける人と言うのは、そんなにいるものではないでしょう。ですから美容師に求めるものとして、「人としてちゃんとしている人」というのは大切かも知れません。もちろん美容師側からすると、相手はお客さんですから失礼の無い様に礼儀正しく接しなくてはならない、という事は社会人として指導を受けている事と思います。ですがその人が本来持っている美容師としての自覚や、それ以前の人としてのマナーと言ったものは自然と出てしまう所でもあります。お客さん側からの声として良く聞かれるのは「美容師は上から目線」という事があります。なんとなく「何様なの?」と思うような物言いをする美容師、というのは確かにいますよね。だれでも初対面の人に上から目線で話しかけられるのは気持ちの良いものではありませんし、バカにされたような気分になりますよね。技術云々より長く付き合うなら美容師の性格も考えたいところでしょう。

 

私のスタイリスト

 

多くの美容師は髪の毛のプロとして働いていると同時に、ヘアスタイルだけではなくファッションセンスやトータルコーディネートのセンスも磨かれている人が多いと思われます。ですから多くの美容師は、お客さんから見れば「憧れ」「かっこいい」「素敵な人」という存在になることでしょう。そしてもしもお客さんの方にもファッションやアクセサリー、メイクなどに関心があるならば、美容師の存在と言うのは頼もしいスタイリストとなり得るでしょう。たとえば美容師の着こなしている服が素敵だな、と思った時には「素敵ですね」と声をかける事でファッションの話が弾む事でしょう。逆に美容師の方から身に付けているものについて話しかけてくれる事も有ります。そんな時にはどんどん興味のある話を美容師とすることで、自分のファッションに関して得る事が多いはずです。今作ってもらっているヘアスタイルに似合う服装、そのファッションにふさわしいメイク、アクセサリーはどんなものか、またそれはどこで購入できるものか、といった会話も弾む事でしょう。つまり美容師の事を単純に髪を切ってくれる存在、という事ではなく、自分の外見をトータル的にアドバイスしてくれるスタイリストとしての存在にもなり得る事でしょう。

 

注目サロン情報

 

あたたかく親しみやすい雰囲気でリラックス♪

与野本町にある美容院

髪に優しい薬剤を厳選しているので、相談してみて☆

鶴瀬にある美容院

当日予約も大歓迎♪

岩槻にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ