片思いと解っていても

片思いと解っていても

片思いと解っていても

美容師とお客さんとの関係は、良く恋人同士の関係に例えられることがあります。美容師の方はお客さんの指名が欲しくて一生懸命にアピールしますし、お客さんの方も自分の気に入った美容師がいたら指名をして自分の担当だ、という存在になってくれる事を望みます。必ずその美容師を指名するようになると、だんだんとその美容師との距離は近くなり、「言わなくてもわかってくれる」「自分のことを一番よく知っている」という存在になることでしょう。美容師の方から見ても「このお客さんのヘアスタイルは自分が作るのが一番よい」と思えるような存在にまでなることが出来る事でしょう。そうやって相思相愛の関係のようにはなるのですが、お客さんの方はそれが結局は自分の片思いであることを感じる事もあります。それはお客さんにとっては本当に恋人であるかのように感情移入する事はあっても、美容師の方は「お客さんだから」「仕事だから」という立場にあります。微笑みかけてくれるのも、褒めてくれるのもお客さんだから、という事は確かにあります。そしてその事にお客さんも気づいていますし、それが当たり前だと言えばあたり前です。ですから結局はお客さん側の片思い、という事になるのですが、接客の上手い美容師はそういったビジネススマイルを感じさせないような人もいますよね。

 

あこがれの存在

 

美容師と言う存在は多くの場合、お客さんにとって「憧れ」の存在となりますよね。美容師の皆さんはおしゃれで清潔感があって溌剌としている人が多いものです。ですからパッと見ただけでも「素敵な人」と思わせてくれるものですよね。それは異性に憧れる感情だけではなく、たとえば学生の皆さんなら憧れのお姉さん、という感じの美容師もいるでしょうし、ある程度年齢を重ねたお客さんでも同年代の美容師に対して、自分でもこんなに若々しくなれるかも、といった期待感を抱かせてくれるような存在になり得ることでしょう。それだけ美容師はお客さんから憧れられる存在であり、そうでなければならない、という面もあるかもしれません。都心の激戦区と呼ばれるような美容室では、まさにそういった「憧れの存在」としての美容師が多く働いています。そしてその美容師たちはそうあらねばならない、という使命感のもとで日々自分のセンスを磨いたりトレンドをチェックしたり、という努力をしている者と思われます。お客さんにとって美容師はいつもきれいであること、生き生きとしている事、溌剌と働く事、など前向きになれる何かを与えてくれる存在だと思いますね。みなさんも一度は美容師の皆さんにそういった憧れの気持ちを抱いたことがあると思います。

 

特集サロン3選

 

ショートヘアのカットが得意なサロン

大島にある美容院

当日の素敵なスタイルを出来るだけ長く維持できるようになります

新小岩にある美容院

地域の方々に末永く愛されるような美容室

小岩にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ