これは嫌だ、を伝える

これは嫌だ、を伝える

これは嫌だ、を伝える

お客さんが満足しない理由の一つとして、「どうしてもこうはなりたくなかった」と言うヘアスタイルになってしまった、と言う事があると思うのです。多いのが前髪の切り過ぎです。前髪はかなり人の顔の印象を左右するものですから、お客さんもかなりこだわる所だと思うのです。ですからこの前髪に関しては美容師もかなりカットに慎重になるべきところなんですね。それは同時にオーダーするお客さんも慎重に言葉を選んでオーダーしなくてはならないと思うのです。たとえば「眉毛にかかる程度で」と言ったとします。眉毛にかかる、というのは実際には眉毛の太さのどの部分を指すのか、と言う事で仕上がりは変わってきます。お客さんは眉毛が隠れても良いぐらいの気持ちだったかもしれませんが、美容師にとっての「眉毛にかかる」は「眉毛の上の部分スレスレ」という風に捉えてしまうかもしれません。それは仕上がりを見ると大きく違ってきます。ですからお客さんは「こうなりたい」と言う事も重要ですが「これは嫌だ」と言う事もきちんと伝えるとよいと思うのです。「眉毛を見せるのは嫌なんです」と言えば、美容師もその様に対処してくれるでしょう。満足できない、というのと、嫌な事をされた、というのは大きな違いなんですよね。

 

これまでの失敗

 

「失敗談」というのはそもそもあまり人には語りたくないものだと思うのですが、次に失敗をしないためにはその失敗を隠さない方が良い事が殆どだと思うんですね。美容室で思い通りのヘアスタイルにならなかった、というお客さんが思う「失敗」も同じだと思うのです。そういう「失敗」というものを多くのお客さんは美容師のせいにしてしまいがちなのですが、その要因は美容師の技術だけではない事が多いと思うのです。自分がどの様に説明して、美容師が何処まで理解して、美容師の技術がどの程度だったか、と言う事が絡み合って、そういう結果を招いてしまったのだと思うのです。ですから次には失敗したくない、と思うのであれば、美容師だけのせいにしてひたすら色々な美容室を渡り歩くよりも、前回は自分がどう説明して、美容師がどういう反応をした結果、どの様に失敗したのか、と言う事を今度お願いする美容師に伝えてみるとよいと思うのです。そして出来る事ならば、もう一度同じ美容師にお願いしてみるとよいのではないでしょうか。もちろん「もう二度とあんな失敗はしたくない」と言う気持ちもあるかもしれませんが、美容師も悪気があってそんなふうに作った訳ではないはずです。もしも双方のコミュニケーションが上手く言っていたら、とても満足していたかもしれません。前回の失敗を踏まえて双方が歩み寄るのが良いのではないでしょうか。

 

Pickup site !!

新石切のピックアップ美容院

新石切にある美容院

東花園で美容院を探すならここ

東花園にある美容院

ネイルが上手いと評判のネイルサロン

東花園でネイル


ホーム RSS購読 サイトマップ