何を目的で作るのか

何を目的で作るのか

何を目的で作るのか

美容室のスタッフの中にホームページ作成に詳しい人がいて、その人が作成するのであれば経費も削減できますが、多くの美容室では制作会社にお願いして作ってもらっていたりしますから、かなりの経費をかけることになります。ですからその経費を無駄にしない様なホームページにしなくてはなりませんし、きちんと活用していかなくてはなりません。そもそも何のためにホームページを作るのか?と言う事をきちんと考えたいところです。何のために?というのは要するに「何を伝えたいか」と言う事になると思います。当然「この美容室に来てください」と言う事が言いたいのだ、と言う事になりますが、それでは他の美容室のホームページと何ら変わりはありません。他の美容室のホームページと見比べた時に「この美容室にしよう」と思わせる何かが必要なんですね。たとえばあっと思わせるようなデザインであったり見た人が行きたくなるようなコピーなどが必要になるでしょう。そしてどんな美容室で何が魅力なのか、と言う事をお客さんにすぐに感じ取ってもらえるようなホームページてなくてはなりません。もちろんプロの製作者が上手くデザインしてくれるとは思ますが、どんな言葉で何をつたえたいか、と言うところまで任せきりにするのは美容師としての主張が無くなってしまう可能性がありますよね。

 

更新されているか

 

今は同じインターネットを使用した情報収集でもホームページがすべてではありません。いろいろなページから閲覧者は情報を得る事が出来るようになっています。ですから運営する側もついつい最初に制作したホームページの更新を怠ってしまう事も多い様なんですね。他にも日々更新しなくてはならないものがあり、本来は中心的存在であったホームページが置き去りにされている感じです。ですが見る側は最後にはホームページが見たい、と考えますし、色々なページからホームページにたどり着ける様になっているものです。ですがせっかくお店のホームページにたどり着いたものの、その内容は数年前のものだった、と言うような事もたまにありますよね。つまり全く更新されていない、と言う事です。最初は製作費をかけて綿密は計画の上で作成されたホームページだったはずですが、それが放置されているというのはなんとも勿体ない事ですよね。これでは閲覧している人達はがっかりする事でしょう。中には更新されていない事に気付かないまま来店して、料金が変わっていたり、スタッフが変わっていたり、と言う事をお店に入って初めて知る、と言うケースもあるかもしれません。せっかく制作したホームページが活用されていないのは、最悪な場合にはお客さんの信頼も失ってしまうでしょう。

 

美容院・美容室の予約はこちら

菊川で行くべき美容室

菊川にある美容室

立川で予約がいっぱいの美容室

立川にある美容室

縮毛矯正がおすすめの大森美容院

大森駅 美容院 デジタルパーマ 縮毛矯正 安い 口コミ おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ