お客さんの美意識と美容師の責任

お客さんの美意識と美容師の責任

お客さんの美意識と美容師の責任

美容師と言う仕事はかなり責任の想い仕事である、と言えるでしょう。人の容姿をかなり左右してしまうヘアスタイルを作る仕事だからです。一昔前に比べると美容室が担う責任と言うのはかなり大きくなってきていると思うのです。かつては美容師にしても床屋にしても「キレイに揃えればよい」と言う役割だったと思うのですが、今の時代はヘアスタイルも多様化していますし、なによりも人々のオシャレに対する意識がかなり向上してきているんですね。かつてはプロしか思いつかなかったようなヘアスタイルでも、今は普通のお客さんたちがそのトレンドを普通に意識していてそのヘアスタイル作ることを美容師に要求する時代です。美意識が高くなったお客さんは当然その仕上がりの評価に対しても厳しくなっています。似合わない、思っていたのと違う、という評価になる割合も増えてきたと思われます。そうすると美容師たちは精神的に追い込まれることになります。よほどの場数を踏んでお客さんの要望に応えるための経験を重ねなければお客さんに対して自信を持って自分のテクニックを披露する事が出来なくなってきていると思われます。その責任の重さから、美容師と言う職を辞する人や、そもそも美容師になることをためらう人が多くなってきているのでしょう。

 

美容師の労働条件

 

若い人が美容専門学校を目指すのは、そのころには単純に「美容師って素敵」とか「美容師にでもなろうかな」という憧れの様な気持ちを抱いて入学するのかもしれません。ところが学んでいる間に美容師という仕事の現状を知ることになります。美容師の仕事の労働条件と言うのはけっして良いとは言えません。他の業界でも同じような事はあるかもしれませんが、見た目のイメージと違って「過酷」とも言われる事もあります。一番言われているのは「長時間労働」と「給料が低い」と言う事ですね。これだけ聞いても決してやりたい職業とは言えません。よほど美容師に対する思い入れが無ければこういった条件で働く事を自ら希望する人は少ないでしょう。またたとえ夢を描いて美容師として就職したとしても、働き始めると現実を突きつけられることになります。お店が営業していない時間でも雑用や自分の練習で拘束されます。帰宅時間が夜中になる、と言う美容師は多いものですし、お店が休みの日でもアシスタントであればモデルハントや勉強会などで実際には休めない状態の日が多い、というのも良く言われる話です。そんな現状を目の当たりにすると、美容師を辞めてしまう人も多いですし、そもそも美容師として働くことを躊躇する人がいるのも当然かもしれません。

 

新着サロン情報

最新情報更新→川口の美容室

川口にある美容室

城南の美容院の最新情報

城南にある美容院

能見台の美容院で注目の情報が

能見台にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ