提案する内容に筋が通っているか

提案する内容に筋が通っているか

提案する内容に筋が通っているか

美容室に行くと色々な事を提案されますよね。もちろん自分がなりたいスタイルなどはカウンセリングの時に担当の美容師に伝えます。ですがそれからは美容師の方から色々な提案や確認をされる事があります。なりたいスタイルに対しての細かい確認や家でのスタイリング方法、毎日のヘアケアの仕方、そしてよくあるのが専売品の購入の薦めですね。どれもプロの美容師が提案している事なので私達の知らない事もあったり、なるほど、と思う事もよくあります。ですがその提案の仕方によってはその美容室の志の内容が見えてくるものです。簡単に言えば、提案してくる事に一貫性のない美容師、というのはただお客さんに多くのお金を落としていってほしい、という事を考えている可能性があります。美容室の中で美容師たちは誰が一番売上を上げる事が出来るか、という事を競っている事もしばしばです。お店によってはノルマ的なものが有ることもあるでしょう。そこで美容師はお客さんに対して「何かしてもらおう、何か買ってもらおう」と必死になっている事もあるんですね。提案されたことに対して質問しても、はっきりとした答えが返って来ない、もしくははやくその質問を切り上げようとする、という態度や、前回来た時と提案されている内容が異なる、といった場合はお客さんの髪質などは無視して、ただ何かお金を落としてもらおうと思っている可能性があります。

 

経営者の志

 

美容室においてその美容室の経営者の志、というものはその美容室のあり方だけではなくそこで働くスタッフたちの志にも影響を与えるものでしょう。よく美容室に関して言われている良くない噂の一つとして、売り上げの大半は経営者の懐に入ってしまって、美容師たちは皆安い給料で働かされる、という事がありますよね。それはもはや一昔前の話かもしれませんが、小規模の美容室などでは今でもそういう感じの美容室はあるのかもしれません。そういう美容室があるとしたらその美容室の経営者の志、というものはかなり自分中心なものであって、けっしてお客様本意ではありませんよね。したがってそういう考え方をスタッフにも持ってもらわなければその経営者の望むような結果はでないでしょう。つまりお客様の髪の事よりも、売り上げを伸ばす事、言い換えれば経営者に利益をもたらす方法を優先する、という考えになります。もちろんそれがお給料に反映されなければ美容師たちの不満は募るばかりでしょう。美容師の不満というのはその美容師に十分な技術を発揮させない事にもつながります。つまり働くモチベーションが下がると美容師の仕事も良いものではなくなってしまいます。それだけではなくその結果がお客さんにも反映されるので、いずれはお客さんにもそういった良くない志は伝わってしまい、失望されてしまう事でしょう。

 

お気に入りのサロンが見つかる

自由が丘でお気に入りを見つけよう

自由が丘にある美容院

新宿で美容院を探すには

新宿にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ